美容に関する勉強

男女

美容を専門に学びたいという希望を叶えてくれるのが、トータルビューティー科などを置く専門学校です。その専門学校によって学べる内容は若干違うものの、主にヘアメイクアーティストやネイリスト、エステティシャンを目指す人たちが通います。ヘアメイクアーティストやエステティシャンになるには、できるだけ美容師免許を取っておくことが望ましいです。ネイリストであっても、将来まつエクの施術を行うつもりならば、同様に美容師免許が必要です。美容師免許の受験資格は2年以上養成施設に通学するか、3年以上通信制講座で学ぶかのいずれかで取得できますが、前者のパターンが一般的です。トータルビューティーの専門学校で学べば、美容師免許の他にも認定フェイシャルエステティシャンやネイリスト技能検定など、様々な資格に挑戦できます。就職だけでなく実務にも役立つでしょう。

再就職にも役立つ

美容室

女性のみならず、男性も美容意識が年々高まっています。美容関連の職に就きたいと考える女性も増加中です。お客様を美しくし、喜んでもらえる仕事はやりがいがあります。また、資格を得て手に職を持つことは長い目で見て安定感があります。その点を重視してトータルビューティー科のある専門学校に入学する人は少なくありません。資格を持っていれば、たとえ結婚や出産で一時現場を離れても、再就職しやすいです。特に美容師免許は一生役に立ちます。トータルビューティー科といっても、美容関連のレッスンだけでなく、最低限のパソコンスキルも身に付けられます。栄養学やサービスマナーなどの講義が行われる専門学校も多く、様々な知識を習得することが可能です。

学校選びのポイント

理美容用品

トータルビューティー科を置く専門学校は、そう多くありません。街に一校だけ、という場合もあれば、そもそも一校もない地域もあります。もし選べるようであれば、就職率の高い専門学校を選びたいところです。中には就職率100%を謳う専門学校もありますが、就職先が美容関連の企業とは限りません。その辺りを考慮しつつ、高い実績を持つところを探すと良いです。また、卒業してからのサポート体制もあるところだと、より安心です。結婚や出産後に再就職したいときも学校のサポートが受けられれば、希望に近い職場に就きやすくなります。個別面談はもちろん、模擬面接や履歴書講座などを実施して、就職活動を全力で支えようとしてくれる学校もあります。後は金銭的なことや通学のしやすさなどを考慮しつつ、オープンキャンパスや見学会などを活用して、学校の雰囲気を確認して入学を決めると良いでしょう。

広告募集中